昔の小説を読んでみると、本来の尊敬語が

尊敬語の使い方で、「〜られる」「〜れる」という言い方があります。たとえば、「お客様が来られました」「鈴木様が言われました」というような言い方です。皆さんもよくなさっているかもしれませんし、周囲でもよく聞かれる言葉遣いですよね。 確かに、「れる、られる」という言い方は、使いやすいし、言いやすいということもあって、たくさんの人が気楽に使っていると思います。しかし、その一方、「れる、られる」には、「〜することができる」という「可能」を示す意味合いも含まれているということも、念頭においておかなければなりません。 そうでないと、こういう誤解を生むこともあります。ある営業マンがお客様との世間話のなかで、「へえ、そうですか。週に一度、お客様はジムに通われるのですか」というと、ちょっとムっとされて「ええ、この年でも受けいれてくれるジムくらい、たくさんありますよ」と答えたとのこと。どうもこのお客様は、営業マンの言った言葉を「ジムに通うことができるのか?」と聞かれたと思ったらしいのです。このような誤解をなくすためには、やはり、「れる・られる」といった簡単な尊敬語でなく、「週に一度、ジムにお通いになるのですか」と言えばよかったのですね。 正式には、「れる・られる」という言葉遣いは、尊敬語としては認められないという考えもあります。その証拠に、皇室や元貴族の家柄の方々は、「れる・られる」といった尊敬語はあまりお使いにはなりません。テレビで皇室の方のおっしゃる言葉使いを勉強してみるとか、昔の小説を読んでみると、本来の尊敬語がわかります。

消費者金融はどこがいい?

はじめてお金を借りたい場合、どの消費者金融をおすすめしますか?そもそも、はじめてお金を借りる場合は、消費者金融よりも銀行のキャッシングを利用することをおすすめします。だってそのほうが金利が安いからですね。でも銀行の審査に通過できなかったらり、急ぎでお金を借りたい方は消費者金融になってしまいます。金利が高いですが仕方がありませんね。その場合、おすすめなのはアコムやプロミス、アイフル、モビットなど大手の消費者金融がいいと思います。

メニュー